(社)JKJOフルコンタクト委員会は、全日本大会開催運営、指定大会などの制定、選手育成、国際交流、各流派・会派・団体間の交流、商標権利関係、物販管理を行っている法人組織です。

フルコンタクト委員会とは

一般社団法人 JKJOフルコンタクト委員会とは

2003年6月、全日本空手審判機構(通称JKJO)が「ルールの統一」「審判員レベル向上」を目指して発足しました。各地で「審判講習会」が行われ、趣旨に賛同する団体数が150を超えた2006年に機関誌「JKJOマガジン オスカラテ」創刊。2007年、各地区から選抜代表権獲得方式による「カラテ甲子園!第1回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」を開催。2009年に一般大会「第1回全日本空手道選手権大会」を開催し、審判技術向上の講習会開催と大会運営うを同時に行う事になりました。2010年7月、ライセンス発行から管理、大会運営までを行うJKJO本部事務局を神奈川県横浜市都筑区の地下鉄センター北駅近くに開設。2011年8月、全日本空手審判機構で行われていた大会運営業務を中心とする法人組織を立ち上げることとなり、「一般社団法人 JKJOフルコンタクト委員会」が発足されました。
ライセンス業務、審判講習会などは「全日本空手審判機構」が継続運営とすることとなりました。

現在、フルコンタクト空手道は、競技人口や大会開催など本国はもちろん、世界的に普及している日本の武道であります。しかし、日本に於いてはルールや団体間の問題で統一した機関がなく、日本体育協会や、オリンピック委員会、文部科学省などの公的機関の加盟・認可・承認がされていません。(社)JKJOフルコンタクト委員会では、よりグローバルな視野と見識で公的機関と認められるような社会体育活動を行っていきたいと思っております。

各部門委員会とは

(社)JKJOフルコンタクト委員会では、各部門委員会を設け、スムーズで透明な運営を行っております。広報・ルール・防具・選手育成・協議普及・国際海外・医科学・倫理風紀・大会関連などの各部門委員会が中心となりJKJOの基盤をつくっていきます。
各部門委員会では、JKJO加盟道場から広く人材を募っております。

全日本大会の運営、指定大会、選抜大会の認定、後援

毎年、全日本大会(ジュニア・一般・その他)を開催運営し、それに伴う出場代表権取得大会「指定大会」「地区選抜大会」の認定を行っております。JKJO公認審判員が多数を占め、公開抽選方式などの康平な組み合わせ、迅速な進行、マナーと良識のある大会を目指しております。
また、JKJO公認道場を中心に後援や審判協力、選手協力などの支援活動も行っております。

全日本強化指定選手、全日本ユース指定選手、全日本ジュニア指定選手を認定して、強化稽古、強化合宿を行い、国際大会などにナショナルチームを編成して出場します。


>>JKJO全日本空手審判機構